個人事業主の方

個人事業主の方は毎年確定申告をする必要があります。確定申告を怠ると、過去に申告していなかった分の税金も支払うよう命じられる可能性もあります。そのようなことにならないためにも毎年確定申告を行いましょう。

個人事業主の方

確定申告とは

確定申告とは1月1日から12月31日までの所得と税金を計算し、翌年の2月16日から3月15日までに税務署に申告することを言います。会社員の方は、会社が年末調整の際に税金を計算してくれますが、個人事業主の方は自分で申告する必要があります。

個人事業主の税金

個人事業主に関係のある主な税金には、所得税・消費税・住民税・事業税などがあります。このうち消費税については、2年前の課税売上高が年間1,000万円未満であれば関係ありません。また、住民税・事業税については、所得税の確定申告をしていれば役所が計算してくれます(消費税の納税義務がある場合、消費税の申告を行う必要があります)。

青色申告のメリット

青色申告は白色申告に比べて正確に記帳しなければならない分、手間はかかりますが、白色申告にはない次のようなメリットがあります。ただし青色申告をするためには事前に届け出ておかなければなりません。

① 最大65万円の特別控除を受けることができる
② 3年間赤字を繰り越すことができる
③ 30万円未満の資産を一括で経費にできる
④ 家族に対する給与を必要経費にできる

個人事業主の税金の計算

ここでは所得税の計算についてみていきます。住民税・事業税については控除額や税率の違いはありますが計算方法は同じようなものになります。

総収入金額-必要経費=所得金額
(所得金額-所得控除)×税率=税金

ここで総収入金額とは、1年間の売上の事で、商品等を引渡したタイミングで計上します。つまり平成27年12月に商品等を引渡して、平成28年1月に入金があった場合、平成27年度の総収入金額に含めて計算します。

必要経費とは、売上原価やその他の経費のうち「売上をあげるために必要」と認められるものを計上します。
また、自宅の一部を事務所として利用している方もいらっしゃるかと思います。その場合、事業スペースと居住スペースを合理的に按分して、家賃の一部を必要経費に算入することができます。

当事務所では個人事業主の方の確定申告業務を代行させていただいておりますので、確定申告がお済でない方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください

ご予約・お申し込みはこちら