相続対策

一般的な相続対策としては、贈与税の非課税額(暦年110万円)の活用が考えられます。
その他、贈与税の特例等により、有効な対策を行うことができます。 

<相続税対策>
一般的な相続税対策

名称内容
暦年贈与年110万円までの贈与であれば、課税されません。
住宅取得資金贈与の特例住宅の取得時期により非課税額が異なります。
教育資金の一括贈与一定の要件のもと、1,500万円までの贈与が非課税になります。
結婚・子育て資金の一括贈与一定の要件のもと、1,000万円までの贈与が非課税になります。
生命保険の非課税限度額死亡保険金があった場合、500万円×法定相続人の数が非課税となります。